疲れ目に気をつけて!

なぜ疲れ目になるかはそれぞれですが、目の使い過ぎによるものが一番多いでしょう。

代表的なもので言うと、長い時間机に向かって仕事をするなど
特定のものを見続ける場合は、気を配る必要があります。

趣味などに熱中しすぎる人も、細かな作業が継続するのであれば、
数時間ごとに休むようにしたほうが良いでしょう。
あとは、室内が乾燥している場合も、目に影響を与えている恐れが高まります。

目を酷使しているというほどではないのに、
疲れ目からくる症状が出ている人は、
部屋の湿度が適切に保たれているかを調べる必要があります。

現在多くなっている原因として挙げられるのは
コンタクトレンズの使用に伴うことです。

今まであればコンタクトレンズを使うためには
眼科に行って診てもらわなければなりませんでしたが、
最近はネット通販でそのまま入手できるのです。

そのため、いったん眼科で視力を測定してもらったら、
次からはインターネットを使って安く買う人も増えているのです。

けれども、視力はいつまでも変わらないというものではないため、
何年も前に視力を測定し、今に至るまで度数を変えずにコンタクトレンズを注文しているのなら、
現在の視力とは差があるものを使用している恐れもあります。

そのような場合、疲れ目からくる症状が現れるのも当然のことですが、
メガネを使用している人も同じです。

家にいるときには、できるだけコンタクトレンズを装着せずに過ごしてみて、
疲れ目を感じないとしたら、コンタクトレンズのせいだと認識していいかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ