疲れ目に効くツボ!

人にはいろいろなツボがありますが、疲れ目に良いツボもいくつかあります。

こまめにツボ押しをするようにしていると、疲れ目を改善したり、
予防することができるでしょう。

第一に、「睛明(せいめい)」と名付けられたツボですが、目頭のやや内側になります。

目頭の内側あたりに指を持っていくと、
鼻の頭部分にくぼんたところがあるのが見て取れるでしょう。

そこが睛明というツボですので、
利き手の人差し指と親指を使ってつまむ形でツボ指圧します。

この部分のツボを刺激する場合、ツボを押すというよりもむしろ、
力を加えるようなイメージで行うと効果的です。

その際に、近くにある組織にも刺激を与えるような感じで、
円を描くように刺激します。

あとは、眉尻と目尻の間のラインを髪の生え際のほうに向かっていくと、
くぼみが見つかるはずですが、ここには「太陽(たいよう)」と言われるツボがあります。

太陽に刺激を与えるなら、
眉頭付近に存在する「さん竹(さんちく)」というツボもついでに指圧すると
より効果があります。

右と左の太陽に右手左手の親指をそれぞれ当てるようにし、
人差指の関節をさん竹に当てて押すようにしましょう。

誤解しないでほしいのは、ツボ押しをしたからといって
疲れ目の症状が全くなくなるというものではありません。

大前提として目を休ませるといった対処が必要になるのですが、
仕事をしている時など目を休ませることができないときにツボ押しをしてみましょう。

疲れ目の症状が出てきてからではなく、
前もって防ぐというためにも、早期にツボ押しを始めると良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ