目薬について

机に向かう仕事の人ならコンスタントに目薬をさしているという人も
多いのではないでしょうか。

無論、目そのものに栄養を行き渡らせることが可能な目薬は、
疲れ目の症状を軽くするのに効果的だとされています。

でも、ドラッグストアには様々な目薬があり、
何を選べばいいのか判断できないという場合もよくあります。

第一に包装している箱の表示を読み、
自分の症状にぴったりの目薬なのか否かを見極めることが重要です。

目薬の金額も、200円ほどのものから、1000円出しても買えないものもあります。
それは、成分が異なるせいでもありますが、
値段が高い目薬だとしても、自分にも向いているとは限りません。

効果の出方は人それぞれなので、ある人においては300円の目薬のほうが1000円もした目薬よりも
疲れ目の症状が軽減されたという場合もあるのです。

それから、目薬の使用方法に関しても間違いなく把握しているという人が
少ないようなので、用心しましょう。

疲れ目を感じるたびに目薬をさしているという人もいますが、
目薬は商品ごとに使用回数や使用量が決められており、
それを超えて使用することはおすすめできません。

こうしたことも商品パッケージや取扱説明書に記載されているはずなので、
しっかりと見ておきましょう。

また、防腐剤無添加のものが良いとされていますが、
普通のお店では防腐剤を使用していない目薬は購入できないケースがほとんどです。

眼科で診察を受け処方してもらうことになりますが、
防腐剤が配合されていなければそれだけ取り扱いに気を付ける必要があるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ