目のマッサージ

ツボ押しに加えて行いたいのが、疲れ目に役立つと考えられているマッサージです。

決して行なってはいけないこととして頭に入れておかねばならないのは、
眼球のマッサージです。

想像してみると眼球にマッサージを施したほうが手っ取り早いように思うかもしれませんが、
もしも目に傷がついてしまうと大事です。

疲れ目は、目の周辺の血行が悪化し、目がこってしまっている状態と言えますから、
マッサージを行って目の周りの血行を良くし、コリをほぐすことが重要です。

マッサージをするときは、
指がなめらかに滑るように乳液などを塗って実施するのが良いでしょう。

まず、鼻の付け根部分を約5秒の間ぐっと力を加えていき、
骨のくぼみに沿わせるように目頭から目尻へと指を滑らせます。

その次に、こめかみの周辺に5秒程度力を加えてから、
目の下の骨に沿って目頭から目尻まで押していきます。

右目と左目の両方を一緒に実施しても良いですし、
片方ずつでも良いのですが、左右の回数は合わせるようにしてください。

目のあたりには疲れ目に効くツボがいろいろありますが、
マッサージをする際にはツボの位置を正しく把握し、
指でツボを押さえながら行えば効果が現れるはずです。

女の人は、アイメイクや化粧が落ちてしまう心配があるため、
鏡越しに用心しながら取り組むか、
もしくは帰宅してメイクを落とした後に行うようにするといいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ