まばたきが大切!

パソコンを使った作業が続く人は、パソコンとあまり関わりのない環境の人以上に
疲れ目からくる症状が現れやすくなるでしょう。

仕事でパソコン作業が不可欠という人も多いわけですが、
熱中してディスプレイを見続けていれば、自覚のないままにまばたきを行う回数が減少します。

そういった事情により、すぐ目が乾いてしまい、
疲れ目の症状を感じてしまう人が数多くいるわけです。

これを改善するために、なるべくまばたきの数を多くすると良いでしょう。

意図的にまばたきの回数を多くしなければならないので、
モニターの隅に付箋を貼っておくなどして、対処法を編み出すといいかもしれません。

その他、どんな姿勢でパソコンに向かっているかということも疲れ目に繋がると考えられています。
多くの人が知っているものは、パソコンの画面と目の位置が近い人がたくさんいるということです。
モニターに近づきすぎると、目は疲れてしまいますから、
40cm、もっと余裕のある場合は50cm以上の距離をとってモニターに向かうことをおすすめします。

モニターの設置場所ですが、これは正面を見た時の目線より下に
モニターを置いたほうが、目には優しくなります。

さらに明るすぎる画面やコントラストのきつい画面を使用している際には、
少し下げてみると随分疲れ目を防ぐことになります。

最近は、パソコン用のメガネというものも販売されており、
そのメガネを使うだけでモニターの色合いが優しいものに変わります。
ツボを刺激したり、マッサージも率先して取り入れていきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ