疲れ目の原因は?

はじめになぜ疲れ目になっているのか原因を理解して、
それに対して策を講じていくことが求められます。

しかし、長い時間目を酷使する作業は目にとってマイナスだと理解していたところで、
仕事なので止めるわけにもいかないという人も少なくないでしょう。

理想は、1時間作業をしたら10分程度の休憩を取ることですが、
これが難しい場合は、まばたきを意識的に増やしたり、
10分経つたびに5秒ぐらい目を閉じてみるのも効果的です。

疲れ目の状態になっているのなら、目の周りの血流も悪くなっていると考えられますので、
目の周辺を温めてみると、症状が改善します。

目の周辺を温める目的で開発されたアイテムもありますが、
手軽な方法で、蒸しタオルを活用したやり方があります。

タオルを濡らしてから絞り、電子レンジで30秒から1分ぐらい温めて、
それをまぶたの上に当てるだけでOKです。

熱しすぎて火傷してしまうほどのものではなく、
目に載せて気持ちよいくらいの温度に合わせましょう。

そして周期的に眼科に行って診てもらうことも重要で、
高齢者ほど頻繁に通うほうが望ましいのです。

メガネやコンタクトレンズを使用しているという人たちも、
時々眼科で視力の変動や、目の状況がどうなっているか確認してみましょう。

自分では単なる疲れ目の症状だと思っていても、他の病気であるかもしれませんが、
眼科で診てもらえば、そのようなことも診断してもらうことができます。

疲れ目による症状が軽いうちに受診して、目の健康を維持できるように意識しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ