疲れ目を放っておくと大変!

疲れ目の症状は複数ありますが、一例を挙げると、目がゴロゴロするという症状を経験する人は多いでしょう。

これは、目薬を使えば楽になりますが、症状がひどいときには、目薬をさしてしばらく時間が経つと、再び異物感が戻ってくるということがあります。

他にも、光が妙にまぶしく感じられるようになるというのも、疲れ目の時によくあることです。

外に出ると日光がひどくまぶしいと思ったり、テレビ画面がピカピカと光ったときなどに、目を閉じたくなるほどまぶしく感じたりします。

それぞれの症状は個人差がありますが、こうした症状を経験したら、目の休息が必要かもしれません。

そして、白目の部分が赤くなっているときなどは、頻繁に疲れ目になっている恐れが高まっていますので、目の様子を鏡で見てみましょう。

さらに、頭痛が出てきたり頭が何か重く感じてしまうといった症状も見られますので、異常があるなら、眼科へ行ってみることもできます。

症状が進んでしまうと、対象物に焦点が合わなくなってしまったり、頭痛と吐き気で日常生活を過ごすのが大変になってしまうこともあります。

もしかしたら疲れ目かもしれないと感じた場合は、目薬を活用したり、目を休める時間をとるなどして、早いうちに対応するようにしましょう。

ストレスを溜めることになってしまう場合もあるので、自分自身の目の様子を確かめておきましょう。

また、今は優れたコンタクトレンズがたくさん登場していますので、自分にあったコンタクトレンズを比較しながら利用すれば、少しでも目の疲れを軽減させることができると思われます。

あと、もし自分が今使っている使い捨てコンタクトがイマイチしっくりこないと感じていたら、ぜひ他の商品も検討してみてください。

今は使い捨てコンタクトの通販ランキングサイトもたくさん存在していますので、それらを参考にしながら自分にあった商品を見つけることが、疲れ目防止にも役立ちます。

カラコンも危ない!

最近若い女性に人気のカラーコンタクト、通称カラコンですが、テキトーな商品を選んでしまうと、非常に目に危ないです。

特に、海外のどこかわからないような場所で作られた粗悪品なんか選んだら本当に最悪です。

正に自分で自分の目を傷めつけているようなもの(>_<)

だから、ちゃんと安全が確認されているカラコンを利用することが何より目を守ることにつながるのです。

例えば、今人気の高いエンジェルカラーなんかは厚生労働省の承認を受けている高度管理医療機器です。

こういった安全が証明されているカラコンを使うことが何よりも重要です。

このページの先頭へ